2019年1月23日水曜日

CT110_05



触ったらポロポロとエレメントが崩れ落ちた
エアークリーナ

基本的にCT110はオフロード車っぽいので
湿式のエレメントですが

滅多にオフロードは走らないと思われるので



コレを取り寄せた



デイトナ ターボフィルター




エアクリーナーの芯部分と
買ったフィルターを合わせてみると
幅:200mmで丁度っぽい

微妙にフィルターの幅が大きく
チョット押すぐらい

幅はそのまま未加工で




直径はマスキングテープをクルリと1周し
印を付けて




剥がして



長さを測ってみると、160mm

コレで内側の外周が解った



取付けるフィルターの厚み:20mm



芯の外周:160mm ÷ 3.14 = 50.955
芯の直径=約:51mm

フィルターの内径:51mmで造るとキっチキチだし
フィルター外側径91mmで造るとユルユルなので
フィルター厚み20mmの中心:10mmとし

芯の直径:51mm + フィルタの厚み:10mm+10mm
=71mm

仕上がった状態のフィルターの中心径を71mmとする

71mm X 3.14 = 222.94mm



フィルターの長さ223mm



カット

コレを円筒形に貼り合わせるんだけど


スポンジ系の接着には
セメダインスーパーXが良い

定番のハナクソボント:G17でも良いけど
G17よりも硬いので
スポンジに染み込んで行って
硬くなってしまう部分が少ない。



貼り合わせ
養生テープで貼って1晩放置



翌朝


見事に接着されて円筒形に成ってる




筒に被せてみる
”被せる”ってよりも突っ込むが正しいかも?




ケースに収めてみる

横麺が壁に当たって
空気吸わない?感があるけど

吸い込みのイイターボフィルターなので
吸気量は十分でしょう?

(ノーマルよりは多いハズ)


コレでエアクリーナー問題解決



んで...


コイツがナカナカの問題児


.............つづく














2019年1月20日日曜日

CT110_04




1晩付け置きして
綺麗に成ったキャブレターを組立

エンジンが掛かるか?テスト

動かなかったら
このバイクの修正は辞めます




5~6発キックしたら掛かった


自分のPANよりも成績が良い
流石!世界のHONDA!!




メインキー

前の持ち主さんが
持って来てくれるハズなんだけど

待ってられないのと



ウチに長期在庫でこんなのが有る

多分、10年ぐらい前に
何かの拍子に買ったモノ



多分、DAXか?シャリィのだと思うけど
形状が同じっぽい




ただし、配線の様子が違う




一応、電機屋なので
配線加工は全く苦にならない



.............つづく


2019年1月19日土曜日

CT110_03


本日の軒下エンヂニアリング


本当に軒下で作業してます。



CT110を弄る

とりあえず
エンジン掛かるか否か?

探ってみたいので
キャブレターの取外しと
腐ったガソリンタンクの取外し

どちらも漬け置き洗いが必要なので
分解して
予め溶剤に漬けこみます



ネックを外すと
キャブが出て来ます
(半分出てますが)



ヘッドからマニホールド外すと
紙のガスケットが破れるので

マニホールドからキャブを外す

Jazzとモンキーと同じで
ココはゴムのOリングなので
破れる心配がありません

Jazzとモンキーと同じと言うか
カブが元祖なんでしょね



外したキャブレター



ドレン開けてもガソリンが出てこない訳ですよね

中が腐ってジャムみたいに成ってた

分解し
キャブクリーナー漬けにするんだけど

ココで便利なのが





ネジ式の蓋と
中蓋が有って二重に成ってるので

パーツと洗浄溶剤を入れて
シャカシャカ振って洗浄が出来る


しかも


中に網が有るので



溶剤はそのままで
パーツのみを取り出せるので

溶剤再利用も出来る

このサイズ「大」は
ラジコンに使うには微妙に大きいけど
バイクのキャブ掃除に大活躍してる

ハーレーもミニバイクも
キャブ1個なので
自分は1個しか持って無いけど

4気筒なら4個用意して
No.1~4ってやれば良いよね


そんな塩梅で


キャブを漬け置きしてる合間に


続いて


エアクリーナーを外す

外さないと
ガソリンタンクが外れません



古い動かないバイクを貰って来た時の定番

スポンジがポソポソに成ってて
さわってる矢先から崩れて行く



ケースの中にも粉が沢山

そのままキックして
エンジン掛けたら
粉がエンジン内に吸い込まれます




エアクリーナー外してみた処

汚く汚れてるけど
以外にフレームの塗装面はヤレて無い
磨けば綺麗に成るっぽい

そして...
ガソリンタンクを外すには
マフラーも外さないと成らない

以外にメンドクサイ



外したタンクを
マジックリンで洗浄

ホースで水をジャバジャバ流し込むと
カサブタみたいな錆が沢山出て来る

とりあえず
タンクも付け置き洗いして置いて



ガソリンキャップ

汚れて錆が有ります



チナミニ、タンクからガソリン抜く時
キャブ側のホース外しても
ガソリンが落ちて来ず

タンクキャップ外したら
腐ったガソリンが落ちて来た

って、事は


キャップのエア吸い込み穴が
塞がってます




サンポールの原液に付けると
泡が沢山出て来てます

コレを2時間程放置


取り出して見ると
錆が落ちてるのは無論
なんか?綺麗に成ってる



エアー吸い込み穴は
なんか微妙なので
もう1晩、マジックリン漬けにして放置



一緒にサンポール漬けした
エアクリーナーの金具類


*参考*
施工前の写真撮影忘れました

こんな風に錆びてたんだけど



メチャクチャ綺麗に成ってる




1本、ネジがバカに成ったので
手持ちのクロメートネジに交換したんだけど

ソイツも綺麗に地金色に成ってた

って、事は
メッキも落ちてしまってるみたい

とりあえず
WD40を吹き付けて錆止めして置く



付け込んだキャブから


メインジェットのみ拾い出して見た

老眼で番手が見えません




10年前に買った
デジカメのマクロ撮影したけど
番手が読めません



ケータイ(iPhone)で撮影すると
クッキリ見えます

4万円のデジカメよりも
ケータイにオマケで付いてるカメラの方が
性能イイって...(;´∀`)


.............つづく