2013年12月31日火曜日

年末大掃除



・・2013年12月31日・・

正月2日に
チョイとしたイベントが有るんで、
イロイロとチェック



*S&S Eキャブ*


ゴチャゴチャイロイロと
弄って走ってるんで
吹き返しでキャブが真っ黒に成ったんで
軽く掃除





キャブをクリーナー漬けにしてる合間に・・


ガレージの入り口
ステッカーがビロビロに成ってるんで




全撤去して綺麗にしました。







マニホールドの座りも悪いんで







ツイデに分解チェック






Oリングも新品交換



**覚え書き**


メインジェット.074





インタメ:.0295







キャブを掃除して出てきた煤


原因は加速ポンプの噴出量が多すぎの様で、
「ガバッ!」っと開けた時に吹き返して来ます。










車両購入後
一度も交換してないので


トランスミッションオイル交換
メーター読み走行距離:81キロ
~覚え書き~






*ポイント*


自分のPAN-HEADは1951年式ですが、
アドバンスガバナ付の自動進角に変えられて居ます
((購入前から交換済み))


ソレを踏まえ、確認すると・・・

ポイントASSYは
そのままコーンショベルと共通の様です。








ショベル乗ってた時に、車載予備で持ってた


手持ちが有るんで、コイツも交換







*クラッチ*





若干の加工が必要ですが
以前に組立てた時、その加工が上手く出来て無く

クラッチシェルが飛び出して来て
クラッチがキチンと切れてませんでした。







ラムジェットリテーナーを再度加工し
Cリングがピタリと入る事を確認、






クラッチも組み直し
クリーニング完了、




今まで

ミッションにスタッドハブを取り付け
クラッチシェルを差し込んで
ラムジェットリテーナーを取り付けてましたが、



予め、

スタッドハブにクラッチシェルを差込み
ラムジェットリテーナーで固定し
一体にしてから車体に組んだ方が
全然楽で確実って事が分かりました。

<次ぎやる時に忘れるんで覚え書き>












0 件のコメント:

コメントを投稿