2014年1月30日木曜日

Seat Vol2


シートをいじってみる。


スプリングが利いて
乗り心地は良いモノの

妙に浮いててカッチョ悪いし

着座位置が若干高い気もする。






スプリングを受け止めるブラケット







30mm程
後ろにオフセットして
造り直し

チナミニ
スプリングを受け止める軸は

スプリングがギコギコして
塗装が剥がれて錆びるので
軸のみSUS材を使用。

コレなら未塗装でも錆びません。




シートの位置を
30mm後ろにオフセットして




フロント側のヒンジ受け






フレームギリギリの
極限まで下に下げたモノに造り直し






パイプ半ピッチ程度






わずかな差ですが







フレームに刺してみると







大きな差に成る訳です。








ほんの数センチの差

しかし

座った印象は全然違う。



今日は雨なんで
試運転は週末に持ち越し。













2014年1月26日日曜日

Seat



昨晩からの雨で
早朝のツーリングに行けず

漠然と呼吸をして
日曜を過ごすのも勿体無いので






31φのパイプを
旋盤で30φに落とす

元のパイプはホンダのJazzって原付の
フロントフォークのインナーチューブ。
(NS-1、Apeが同サイズ)

NSR50の30φなら
旋盤加工不要ですが、

手持ちの廃材がJazzのモノしか無いので








フラットバーを溶接し
クランク型に組み立て

12mmのステンレス棒を溶接

ブラケット製作







シートを取り外し







造ったブラケットを
OILタンクを固定するボルトに共締






サドルシートのブラケット製作







フロント側はフレームの穴に突き刺し

リア側はOILタンクと共締めで
スプリング式






リジッドフレームなんで
路面の凸凹で体がジャンプし
乗り難いんで

スプリングを入れてみた


ブラケットを缶スプレーで塗装し

乾いてる合間





時間が勿体無いんで



もう1個
ブラケット製作






同じくフロント側は
フレームの穴に差し込み式で






リア側は
OILタンクのボルトに被る様に








市販のソロシートが付く様

ブラケット製作








どちらも
フレームに差込式で
簡単に交換可能に

チナミニ、このシートは
ビラーゴを造る時に購入したモノの
大きすぎでボツに成った手持ち在庫

案外座り心地はイイ♪






狭いガレージから





Bikeを出して
遠めに眺めて見る






なんか・・・・





フレームから離れすぎで
浮いてる様な感じ、


せっかくなんで
近所で乗って見る。


結構、凸凹の道を走るも
キチンとスプリングが利いて

乗りやすい♪

物凄い楽♪



しかし・・・・

カッチョ悪い。




一回りして来て



ソロシートのブラケットも
塗装が乾いてたんで交換して見る


どんどん日が落ちて
物凄く寒い・・・・






ツイデニ
ガソリンスタンドで給油

このシートは
ってメーカーモノなんで

非常に座り心地が良く
ホールド感も抜群。


当然、
スプリング無いんで
路面の凸凹で体が跳ねる。



シートはもうチョット考えて見る。












ガソリン入れてたら・・・




JINさん登場

(((笑














2014年1月25日土曜日

ハブナットシール




前回乗った時

クラッチの切れが悪く
ニュートラルに入り難かった



原因判ってるんで







クラッチ分解

オープンベルトだと
クラッチメンテも非常に楽♪







案の定、

2枚目のフリクションプレートと
スチールプレートが






密着



原因は・・

クラッチハブナットシールから
トランスミッションOILが漏れ

クラッチに付着し
プレート同士が密着



前回、
ラムジェットを弄った時

シールを交換せず
再利用したのがNGの原因。



判ってたんだけど
お店に在庫が無かったんで
取り急ぎ、そのまま組んだ。







シールナットを取り外し





ナットのセンターに
シールが入ってる。





取り外し












圧入





同時に
ロックワッシャーも新品に交換









プレートを洗浄し

元通りに組み付け



コレは自論なんですが、

プレートの順番を変えない方がイイ!
↑なんて聞きますが・・・

そもそも
クラッチ切ってる時には
空回りして
毎度、違う処が接触してるんで

「アタリ」とか、
関係ない気がします。

????????????






調整

リリーシングディスクと
プレッシャープレートの合間

基準:1インチ~

とか言いますが・・・

車両によって、
ズイブン違いが有ると思います。




自分の場合は

ロックナット全てが遊び無く
尚且つ
実走行で滑らない処に調整してます。



チナミニ
本来、1936~1967のモデルは
フリクションプレートは4枚ですが

自分のPANはAssyで4速のモノにしてるんで
1968~84同様
プレートは5枚使ってます。










2014年1月23日木曜日

グースネック


51EL


このフレーム

グースネックがカッチョ悪い。

そもそも個人的に
グースネックってのがあまり好きでは無い






フレームを修正したイメージ

パソコンで書いてみた。




お金が掛かる以前に
手間と時間が掛かるのかメンドクサイ。



(((悩












2014年1月19日日曜日

Samui




このBloggerのBLOG

IEで弄ったら、異常発生

やっぱ、Googleは
Google-Chrpmeで無いと都合悪いみたい







どっ....寒い!

クラッチハブナットを2回程脱着したんで
シールナットがイカレてて
クラッチの切れが悪い。





浜名コスタで

free-style M/Cのお客さんに遭遇

左側のショベルは
去年、配線手直しさせて貰いました。








このクソ寒い、風の有る中
焼津まで行くそうです。

自分にはそんな元気ありません








ナットシール買いに行ったけど
free-style M/Cさん忙しそうです。





2014年1月18日土曜日

Virago





Virago





先日

テールランプ変えた物の


なんかカッチョ悪い


??????????????????????????????







手持ちのウインカー(中古)







無論、シングル球なので






分解

根元がカシメて有って
滅多に外れない!!


しかし
人間が造ったモノ

同じ人間に分解出来ない訳が無い。








ソケットを溶接しようと思うも

ウチの設備では限界が有り・・・・

 

最低でも半自動欲しいですね。。




諦めてネジ止め







ブラケットを鉄板から切り出し

曲げた後

逆に曲げた事に気が付く......








一から造り直し

今度はよく確認して
ハンマーで殴って曲げる








ウインカーレンズはオレンヂなので
クリアレンズに交換



コイツも4~5年前に購入し
ガレージで肥しに成ってたモノ






付けてみる





点けて見る



なんか質感が悪い

Bikeのイメージに合ってない









レンズの内側にサンドブラスト当てて見る

流石にウインカーレンズなんで
失敗しても同じものが4個有るんで







良いんじゃね?







点けて見る



チナミニ

ウインカーの大きさ7cm2以上
色はオレンジ

テールレンズは20cm2以上、
尾灯は15cm2以上、
リフレクターは10cm2以上
色はレッド

このレンズは直径40mm

20mm(半径)X20mm(半径)X3.14

1256.6370614359173032

12.5cm2しか無いので
車検には合格しません





コンデジにシーン撮影モードってのが有って
「キャンドル」とかのモードで撮影した

コンデジ買って6年以上経ってますが
初めて使って見ました。



なんか違うのか?????