2014年3月14日金曜日

鉄十字





スロットルOFF時
回転の戻りが悪い






二次エア吸ってるみたいなんで
ラバーバンド(Oリング)を交換してみる






案の定

バンドの締め過ぎで
Oリングを「チミクっ」てた。



交換後

パーツクリーナー
実走行チェック


絶好調♪

驚く事に
エンジンの掛かりも良くなった





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


近日、車検なんですが、
現状使用してる「テールランプ」

どうやら調べると
道路運送車両の保安基準
に適して無いみたい?。


保安基準 第37条








新しく購入

ズイブン売れなかったのか?
箱が埃だらけ・・・

ってか、
発送前に軽く拭いて送れよ!

ヾ(ーー )







TT&CO アイアンクロス LEDテールランプ


チナミニ

手続きメンドクサイんで








超・過剰梱包

((((笑





++特に電気&電子モノ++


商品が届いて

開封し

車両に取付け

配線繋いで・・・


ココまでは普通だと思いますが



??スイッチONで無反応??

??全く作動せず??



明らかに商品が不良品


しかし、
開封し、取付けし、配線してるんで

返品&交換不可


電線の被服を剥いたり
半田付けしたりしないと
配線出来ない

配線しないと

作動確認出来ないし
不良品か否か?の判断出来ない。


しかし

返品&交換不可


送り返して貰って
自社でテストする気も無い。



って事はアレですかね?

商品として販売出来る状態で無いと
返品不可!!って事は

明らかな不良品でも

返品後は又別の方に

再販売するんですかね?




以前に
そんな痛い思いをしたんで・・・



開封直後

加工する前に

作動確認
(通電チェック)



チナミニ

以前に痛い思いをしたのは

電気式メーター

どうせ返品&交換不可なんで
分解して見た処、

内部のプリント基板の半田付け不良で
(+)電源の配線が「ポロン」っと取れてました。








取り付けるブラケット
全部作り直そうと思いましたが

元々のブラケットがせっかくあるんで








ブラケットを切断し
L字に付け足しで取付







四角いCCバーには
やっぱ、四角いテールですね。




処で

TT&CO アイアンクロス LEDテールランプ

梱包内に一切
取扱説明&接続図等
入ってませんでした、

赤・黒・黄・・・の配線

何処を何に繋いで良いのか?
全く不明???

製造元のTT&COさんのWebサイトみても

全く記載無し・・・


元を辿って

に書いて有りました。







処でこのテール・・・

サイズ的に道路運送車両の保安基準に適してるのか?





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

鉄十字(てつじゅうじ、ドイツ語: Eisernes Kreuz)は
ドイツを中心に中世以来使用されてきた紋章であり、
通常は鉄十字の意匠を象った勲章を指す。
このプロイセン及びドイツで戦功のあった軍人に対して授与された勲章は、
日本語では鉄十字勲章あるいは鉄十字章と称されることが多い。


鉄十字勲章の黒十字を白で縁取り十字の先をやや広げたデザインは、
ドイツ騎士団以来用いられていた鉄十字の紋章を基に、
建築家カルル・フリードリッヒ・シンケルが創作したものといわれている。
最初の鉄十字勲章はナポレオン解放戦争に於ける軍事功労賞として
1813年にプロイセン王国のフリードリヒ・ヴィルヘルム3世によって制定された。
その後普仏戦争時(1870年)とドイツ統一後の第一次世界大戦時(1914年)に再制定され、
第二次世界大戦時(1939年)にはナチス・ドイツの勲章として制定された。
鉄十字勲章は通常の勲章のような恒常的な叙勲制度ではなく、
大きな戦争が起こるとその都度その戦争に於ける軍事功労賞として制定されている。
すなわち、制定年度の異なる鉄十字章は別の勲章であると言うことも出来る。
制定された等級は戦争毎に異なるが、
大鉄十字勲章 (Großkreuz des Eisernen Kreuzes) 及び一級鉄十字章、
二級鉄十字章は共通して制定されている。
この他、星章がナポレオン戦争と第一次世界大戦時に、
特に功績のあった大鉄十字勲章受章者に授与された。
勲章名は各受章者名を冠して呼ばれている。
第二次世界大戦時には、
大鉄十字勲章と1級鉄十字勲章の間に位置付けられる
騎士鉄十字勲章 (Ritterkreuz des Eisernen Kreuzes) も制定された。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





フロント周り


温かくなったんで
グリップヒーター取り外し




もう1箇所
問題点



このスプリンガー

ステムナットがTopに1箇所しか無く
走行してると緩んで来ます。


ナットが緩むと
ステムシャフトが下に落ち
ネックベアリングに負荷が掛かり
ハンドルが重く成るんですが・・・

Bikeってのは
車体をバンクさせて
『セルフステア』ってので曲がるんですが、

ステムナットが緩み
シャフトが落ち気味でハンドルが硬いと
この「セルフステア」が全く利きません。

車体をバンクさせても
ナナメ走行するだけで
一向にコーナーを曲がってくれません。


コーナーに入って行って
バンクさせても、
まっすぐ壁に向かって行くんです。


正直、物凄い恐怖です。



取り急ぎ
分解&洗浄後
ネジロックして締め込みましたが・・

なんらかの対処が必要の様です。














0 件のコメント:

コメントを投稿