2014年9月20日土曜日

C・C・バー






CCバーが小さい事が気になるので
手直しします。






CCバーの高さ(長さ)

ハンドルの高さと同じか
若干低めがイイ塩梅だと判断






ハンドルから
水平にテープ貼って見る







ハンドルと全く同じ高さだと
フェンダーから540mm






棒突っ込んで
イメージしてみる・・・

>>高い<<


間が空きすぎてる






棒を下げつつ






いい感じの処でストップ


適度にシートより出てると
荷物縛る時に便利♪





自分のPAN-HEADは
OILキャップが真上に有るんで

OIL交換の時
シートを外さないと成らない



しかし




シート固定するボルトが
ナンバープレートの下に隠れてる

今までは
シートが短かったんで
全然楽勝でしたが


シートが大きく成って
ボルトが完全に隠れてます


なんで

OIL交換する時
ナンバープレートを外し
シートを外さないと成らない


--クソメンドクサイ--

今回は
その辺りも改善してみます。






CCバー取外し分解


今までのは
真四角形状で

シートよりも
ズイブン幅が狭かった






工作用方眼紙で模り


方眼紙の文字は
仕事で使った電装品の形式なんで
CCバーには全く無関係です







New・CCバーの絵を描いてみる

根元部分は
シート幅よりも若干広く

先端は徐々に狭くなるって塩梅


一応
型紙を実車に宛がって
長さや幅を確認






型紙(図面)出来たら

テールランプ
ナンバープレートの位置を決める

たった10mmでも
位置が違うと
ズイブンイメージが違う

微妙です







ベースは




¥1442円


2.3mmの鉄板製で
しっかりしてて
アーク溶接でも使え

しかも
綺麗に切り抜いて有る


自分で鉄板買ってきて
ジグソーやプラズマで切り出し
歪なモノ使う事考えたら

¥1442円は全然安い

テールの穴も正確に開いてて
ルーカス以外にも
キャットフェイス、キャッツアイ、
スクエアテールも使える。






今回は
CCバーのスクエア感に合わせ
スクエアテールを使用






角パイプを切り出し





溶接組立


テール&ナンバーを付ける
ブラケット溶接し

メッキするお金と時間無いんで
缶スプレーでサビ避け塗装







塗装が乾燥する合間に
テールランプの配線短いんで

分解or加工






電球ソケットから
直接アース線出すんで

配線孔が小さいんで拡大し
グロメットも交換







**組立**


今まで
テールランプから
電装BOXまで

アンカットの1本線で
配線通ってました

今回は
ナンバーとシートの合間に
若干のスペースが有るのと


テールベースは

スクエア以外にも
多様なテールが使えるんで

配線をナンバーの裏側で
ギボシ端子にて接続


次回から
気軽にテールランプ交換が出来る。






車両に組付け








暗くなったんで
明日の朝

再度確認します。



・・・・・・・・・つづく











0 件のコメント:

コメントを投稿