2014年10月4日土曜日

サンワサプライとビラーゴ





昨日モンキーに




iPhoneを括り付け
動画を撮影しました。


その続き・・・



バイク用カメラマウントは
バイクのハンドルに合わせ
自由に首振りが可能なんですが

その首振り機能が仇と成って

首振り部分がユラユラして

結果、
撮影動画もユラユラしてしまう。

編集の為
何度も自分で再生して見てたら

乗り物酔いの如く
気持ち悪く成ってしまいました。




そこで・・・



十数年前に買った
ミニ三脚


殆ど使った事無いんですが・・・





先日、三脚のネジサイズを調べる為
弄って、机の上に放置して有ったんで





200-CAM025を付けて見る







iPhoneがこうやって
自立する事にすでに感動してしまう





!!!!!





そう言えば
自分のPAN-HEADもビラーゴも
ハンドルに垂直に立ち上がってる処がある







その垂直部分に
三脚を縛り付ければ良いんじゃ無いか?

そう思って





三脚の脚と
ハンドルとの接触面

とりあえずのクッションに

輪ゴムを巻きつける





電機屋お得意の
インシュロックで縛り付ける
(ヘラマウントタイトン製のナイロン結束バンドです)








チナミニ
脱着可能なモノ使ってるんで
いつでも取り外しが自由に可能です

*タミヤのRCカー・F103でバッテリー固定するのもコレです*







良い塩梅に付いたんで






早速






走りながら
動画撮影してみた


手ブレ機能とか無いんで
モノスンゴイバイブレーションと

エンジンが高回転で
画像に波が入ります


ダイレクトマウント過ぎでしょうか?






タイムラプスも撮影して見る


ミニ三脚が品祖なんで

路面の凸凹でiPhoneの自重に耐えれず
iPhoneが仰向けに成ってしまう・・・








イマイチ・・・・



なんせ

クソ貧乏なんで

手元にあるモノで
安価な品でナントカしようとしてるんで
全然上手く行きません


素直にGoProとか
買えば良いんだろうけどね!



・・・・・・・・・つづく







0 件のコメント:

コメントを投稿