2015年1月25日日曜日

HDR-AS100V 4








今回もイロイロと
Bikeに装着する為のモノ購入したんで

コーヒーブレイク兼ね
早朝ツーリング







マイクの風きり音対策で
チョット細工したいんだけど

ジェットヘルメットでは塩梅が悪いんで

今日は半ヘルに装着







*風きり音対策無し*


ヘルメット変えて
若干アングルが悪い








カメラをハンドルとかにマウントする


エンジン上のフレームにクランプし
カメラをマウントしてみた






エンジンノイズがスゴイ!

ってよりも

カメラマウントがヤグィんで
カメラ下でクラクラ首を振ります


ミノウラのマウントの方が
良かったかも知れません







いつもの場所で
コーヒーブレイク






今回新しく購入した







ゲル式吸盤で
吸盤機能を使わずとも

ゲルのネチネチで
すでにシッカリ密着する。


自分のPAN-HEADは
タンク自作加工でソコソコ凸凹なので

こう言う吸盤はありがたいです




しかも3箇所首振りなのが良い






適当な処でも
希望に近いカメラアングルが可能なハズ








タンクにマウントし
カメラを付けて見た


黒いバンドは
風きり音対策のリストバンドです


参考にさせて頂きました








「邪魔かな?」

・・・っと思ったけど

良い塩梅に収まってます





ツイデに・・・・


先日修正した
グリップヒーターの配線








タンクに吸盤マウントした結果

想像以上にバイクの振動が凄いのと



カメラを取り付ける一番上の処

首下の強度が非常に弱い

アイドリング状態でも
カメラがプルプル振動してる。



「車載マウント」とは名ばかりで

確かに「車載」は出来るけど

振動の有る走行中には
若干『難』ありです。

失敗だったかも?








もう1つ


以前使ってた三脚が壊れたんで



そりゃ・・・

今まで使ってた三脚

ウチの娘が生まれた時に買ったムービーに
オマケで付いてた三脚だもん

25年以上前のモノだもんね・・・







コレはアルミ製で軽く

カメラマウントも自由雲台

しかも四角で
折りたたむとフラットに成る物を選んだ



・・・んだけど


自由雲台??


自由って程首振らず








もう1個
別の目的で購入した








コイツと組み合わせる事で

かなりの自由度が得られるハズ










折りたたむとフラットに成るタイプを選んだのは

こんな塩梅に
CCバーに縛り付ける為

たたんだ時に凸凹の少なくなる物を選択した訳です


実際にはある程度伸ばした状態で
縛り付けるツモリでしたが

足が余りに虚弱体質で
クネンクネンして全く使えず














自由雲台と呼ばれる部分が

クランプ式で
洗濯ばさみの様な形状で
つまんで向きを変える

要するにバネの力だけで
雲台の向きを支えてる


このバネがチープで

走行中の振動で
勝手に首の向きが変わってしまう。

「勝手に自由雲台」


ですね。


まぁ、バイクに積んで・・・

なんて想定してないんで
アタリマエでしょうが。







下手糞ながら
動画まとめてみた。


コッチもまだまだ
色々やってみないと成りません。







・・・・・・・・・・つづく






0 件のコメント:

コメントを投稿