2015年2月7日土曜日

ETC







前に使ってたETCが調子悪いんで
(入り口で開くけど出口で開かんとか)

新しいの購入


そりゃ10年だもん
壊れるよね・・・・






同時に



も購入


買ったってか、
Bike屋さんにETC注文したら
自動的に付いて来た



コレ、イインだけどさ


この1体型ETC

自分のBike的に非常にかっこ悪いじゃん!

使わないときには
取り外して置きたいんだけど・・・






このマウント

取り付けがキャップボルトに成ってて
常に脱着に
六角レンチが必要




ウ ザ イ




なんで・・・





ソコラに転がってた
仕事の廃材から鉄板拾って来て


タナックスのマウントから
型を取って





切り出して穴開け








タナックスよりも
厚い鉄板でベース作り直し







お得意の






22φ~29φまでのパイプを
クランプできるんだけど

最小の22φには
付属のビニールシートみたいなの
巻きつけてクランプしないと
若干、径が大きい


ああいうシートってさ
大抵、無くすもんでさ

そう言うの無しで
クランプ出来ると良かったのにね




んで



☆Made in Japan☆

・・・っと言いつつ

既存のネジ孔の裏

スゲェバリが出てて
固定の軸がスムーズに移動できず

26φぐらいまでしか開かん


本当に日本人が造ってるのか?

アル君やニダ君に作らせ
日本で梱包だけして
「日本製」とか言ってるんじゃ無いのか?







散々文句言った割りに
既存の孔は使わず

別の処に2箇所新規穴あけ


同時に
裏側に突き出たバリも
ヤスリで修正し
スルスル作動するようにしました。








新たに造ったベースに
マウントをネジ止め

チナミニ
既存の1個孔を使わず
新たに孔を2個開けたのは

ネジ1点止めだと
振動で緩んで廻ってしまう可能性が有るんで
あえて2個孔でクルクル廻らない様に加工した訳です







バイクに付けてみる


相変わらずクソかっこ悪い






・・・んだけど

蝶板で固定するんで
工具を使わず
簡単に脱着が出来る。

コレで使わない時には
クソかっこ悪い物体は取り外して置けます。








0 件のコメント:

コメントを投稿