2015年7月2日木曜日

サルも木から落ちる






SNSで拾った画像






全く違う話ですが


30年近く前

チョイ訳が有って

早朝、愛知県は新城に有る警察署に居た


もうじき勤務の終わるお巡りさんと
署内で話をしてた。



すると
1人の30代の男性が入って来て


「免許証と財布を紛失した」

との事

どうやらその男性

新城市から遠く離れた
名古屋市在住の男性で

新城に住む友人の処に遊びに来たらしいんだけど

男性の地元
名古屋市で財布と免許証を落としたらしい


対応した警察官の方は

「名古屋で落としたんなら、名古屋の署に行ってほしい」

こう、対応してた。


同じ愛知県警の警察官なのに
無責任な話に聞こえるでしょうが

彼らにも「管轄」と言うモノが有るので
((猟場))

仕方がない事ですね。


男性は肩を落とし
トボトボと署を立ち去って行った


新城市と言えば
住んでる方には失礼ですが

ソコソコに田舎な感じの町

市街地からチョイと離れた場所に有る警察署

しかも早朝

公共交通機関とか
有るハズも有りません


その時、自分は疑問に思って

「あの人、何でここまで来たのかね?」

思わずこう、
口から出てしまった。


財布と免許証を落としてしまった男性

公共交通機関の無い田舎の警察署に
彼は一体、どうやって来たんでしょ?


あくまでも想像ですが
クルマで来たとした?
考えられない??


「あの人、何でここまで来たのかね?」

そんな他愛もない若者の一言を聞き

男性の対応をしてた警察官が

「そうだよな?」


そう言って
席を立ち

カウンターを超えて
男性を追いかけようとしました



自分と話をしてた巡査部長さん

「おい!ちょっと待て」

「そんな事聞いたら、あの人帰れんく成るら!」


男性の対応をしてた警察官(部下)を
呼び止めます。



確かに
あの男性にどうやって来たのか聞いたら
男性は帰れなくなってしまいます。


なんせ男性は
これから名古屋に帰らないと成らない


巡査部長の判断

警察官として職務を果たしてませんが

人としての人情から言えば
正しいんでは無いのか?

そう、思いました。



30年近く前の話で

その巡査部長さんもとっくに定年し

風のうわさで聞いた処によると
2~3年前にお亡くなりに成ったとか?

完全に時効だと思い
記載しました。





・・・・・・・が、


警察官の彼が
ノーヘルで走って良いって理由には成りませんけどね!



0 件のコメント:

コメントを投稿