2015年8月29日土曜日

shovel-head(配線)





ショベルヘッドの配線依頼
ありがとうございます。






今回、エンジンOHと共に
馬蹄型OILタンクから


4速純正オイルタンク
バッテリーケースへ変更の為

配線全引き直し







セル付大型バッテリー用ケースなんだけど
キックオンリーでバッテリーが小さい






事前の寸法取り





一旦、帰社して
パーツを自社生産






t=1.6

プラズマで切り出すと変形するんで
ジグソーで地道に切り出し












純正バッテリーサイズで土台を作成







こんな塩梅に
ひとまわり小さいバッテリーを囲む感じ


バッテリーの背面はオイルタンクなので
バッテリーを熱から守る遮蔽板にも成ります







蓋被せると





こんな塩梅







バッテリー固定する
ブラケットを作成







キッチリ固定







バッテリーが前にお辞儀して
ケースに端子が接触orショートしない様
爪で固定





*補足*


半年以上バイク弄りせず
溶接も使わなかったんで
定盤が錆びてた


サンドペーパーで磨いて




CRC5-56をバーバー吹きかける

左のボーナスセールのモノは

10年ぐらい前
市内のホームセンターが閉店した時
まとめて数十本買ったモノ

やっと終わった。




左が10年前に買った5-56で
右が最近購入した5-56

蓋の中形状が違います

・・・どーでも良い話ですが。







んな事してる合間に
塗装が乾燥したんで組み付け

バッテリー固定ブラケットの上に
端子ターミナル取付

配線をココで終結させると
トラブル有った時に解りやすい。



**********


もう1丁



メインキーとホーンのブラケット

オイルタンク交換で
行き場が無く成ったんで




要・加工





サンブラ掛けて塗装



**



バッテリーケースを
車体に組み込むとこんな塩梅






配線完了






フレームが邪魔で
ターミナルにアクセスし難いんだけど






ケース自体を手前に押し出せば
かんたんアクセス






バッテリーの脱着は




側面のネジを外すと
固定ブラケットが浮き上がるんで
手前に引き出せる


無論、メンテナンス用に
配線の長さに余裕有り。







オーナーさんはハンドル屋さんなので




時と場合によって
ヘッドライトが簡単に交換できる様

配線にチョイ細工






ビンテージライトが付いてるんで
現状アレですが

普通にベーツタイプ対応すべく
ハイビーム用の端子も取り出し済





ヘッドライト
USB電源
フロントブレーキスイッチ

コレらの配線を
純正ブラケットの合間で接続

(+)と(-)の端子
余分に2回路引き出して置いた

これで後にETCとかナビとか使える







動作確認






フロントのウインカーが点滅しない?
っと思ったら

中で電球が玉砕してた




クビチョンパ!!






電球交換し、作動確認 ♪





・・・・・ん?

ホーンも鳴らず??


オーナーさんに確認すると
ズイブン前からブチ壊れてる....とか







ホーンも配線途中に
ギボシ端子で中継して有ったんで






*新品交換*

電球&ホーンは
フリースタイルモーターサイクルさんの在庫です









チェック完了なので蓋するんだけど

『万が一』

の事考えて
バッテリーケースに絶縁材貼付








全部取り外さんでも
蓋だけ取ればメンテナンスできますね


☆完成☆

エンジンの組み付け途中だったので
後ほど点火系のチェックしに行きます。









フリースタイル@もぢゃさんから
慰めの報酬




0 件のコメント:

コメントを投稿