2018年8月30日木曜日

進化しないモノ




冬は寒いので
誰もバイクに乗らず

バイク屋さんに修理入庫する車両が増えたけど

今は夏が熱すぎで
誰もバイクに乗れず(旧車なので)

逆に修理入庫が多い気がします。

人間と地球環境が変化(進化)してます

????




全然違う話だけど


嫁さんの自転車
タイヤの空気が抜けるとの事


小学生の時

自分の自転車に
空気入れで懸命に空気入れても

1~2日経過すると
又、タイヤがペシャンコに成ってる

どんどんサイクルが短く成って

入れて、乗ってると
次第に空気が無くなってしまう


タイヤの表面には
何も刺さった形跡が無い

手動の空気入れで
オモクソ空気を注入し

タイヤの空気が抜けきる前に

モリゴキ全開で
自転車屋さんに乗って行った

自転車屋のオジサン

「あぁ!虫ゴムが死んでるな!」


空気入れるノズルを取り外し

釣りのウキを止めるゴムみたいなのを
ブチッっと取外し
新しいのを取付けてくれた

それ以降
何年か?は空気が漏れる事は無かった


加え、それ以降
自転車屋のオジサンの作業を見て

「自分でも出来る」って

自分がオヂサンに成ってからも
何かしらの機会があると
「あぁ!原因は虫ゴムだ!」って感じで
自分で虫ゴムの交換はして来た。


この一件は
自分が小学生の時の話

すでに40年近く前の話

この時に見た「虫ゴム」の光景

今回、40年経過して
自分の嫁さんの自転車修理する時
全く同じ事をした



ってか、40年前には有った
自転車の空気入れる処の構造

未だ、変化がまるでない

多分、40年以上前から
同じ機構だと思うんだけど

何故に?未だに「進化」しないのでしょう??

なんか?画期的な方法って
他に無いのですかね??

謎です。




0 件のコメント:

コメントを投稿