2018年12月26日水曜日

DA63T_07





トランスミッションOILの交換


ドアの内側にテプラで
「エンジンオイル:****」
の記載が有って
交換された形跡が有るけど

「ミッションオイル」
の記載が無かったので
自分で交換してみた


運転席側から車の下に潜ると
トランスミッションが丸見え



OILを入れる側のキャップ

まずはコイツが緩むことを確認



こちらがドレンプラグ

先にドレンを外して
OILを抜いた後
入れるキャップが外れなかった場合
クルマが動かせなく成ってしまうので

先に入れる側を緩めた訳です。



外したキャップは一見同じに見えるけど




マグネット付きの方がドレンです




抜いたOIL

言うほど汚れて無いっぽい





今回用意したミッションOIL

特に「コレ」って意味は無いけど
たまたまタイミングよくワコーズさんから
取り寄せ商品が有ったので
ツイデにコレを購入



灯油ポンプ(新品)




車体の下の低い処で作業するので
ポンプの口を適度な処でカット


あとはストーブに灯油を入れる要領で
トランスミッションにOILを入れてやるだけ



んで


このOILはデフにもつかえるので

デフOILも交換

写真撮るの忘れたけど
デフオイルはソコソコ汚れてました

多分、新車から交換した事が無いのでは?



ミッションと同じで
入れる側を緩むの確認し
ドレンを取り外してOILを抜き

逆の方法で入れるだけ



車体の下にもぐって
狭いのでやり難いけど

特に難しい事も無いカンタン作業でした




0 件のコメント:

コメントを投稿